あれから6年。

ヘアーコミュニティーティートゥリースター

044-978-4478

住所 / 〒214-0035 神奈川県川崎市多摩区長沢4-25-5
チェリーパレス105

営業時間 / 9:30~19:00 定休日 / 毎週火曜、第1.3月曜

Blog

あれから6年。

Blog

2017/03/11 あれから6年。

こんばんは柴です😊

 

今日は3月11日、あの東日本大地震から6年が経ちました。

 

改めて犠牲になられた方々に心からご冥福をお祈りします。

 

近年、色々な災害に見舞われる日本列島。いつどこで何がおきても不思議ではないなとこの頃つくづく思います。

 

あの東日本大地震発生から2ヶ月後の5月、ちょうど息子太朗が生まれた日に僕は初めて被災地に行きました。

 

現地は想像を絶する光景が広がっていました。はたして現実に起こった出来事なのか?そう疑うほどのあまりにも非現実的な光景でした。 その中で避難所を周り被災者の髪を切りました。 何を会話すれば良いかわからない、かける言葉すら浮かんでこない。

 

そんな中、カット中のご年配の女性がこんな話しを始めました。

 

「うちの旦那はね、何にでもマジックで自分の名前をかいちゃうのよ。下着にも書くから恥ずかしからやめなさいってちょいちょい言ったのよ、そしたら旦那がこんなジジイのパンツ誰も見やしないよ!って」

 

僕は会話に困ってた緊迫かんの中、この話に笑いました。   そしたら年配の女性は、

 

「でもね、それが安置所で旦那だって見つけられたきっかけになったのよ」

 

と。

 

涙が溢れでました。

 

 

ある被災された40代の男性はちょうど震災のあったよく月に初めてのお子様が産まれる予定でした。

でも、奥様と奥様のお腹の中で一緒に津波に流されてしまったそうです。

 

 

 

そんな話が次から次へと耳に入ってきました。正直自分の子供が生まれ事など頭の片隅にも無くなっていました。

 

 

 

東京へもどり、直ぐに妻のいる産院へ行き妻の顔と息子の顔をみたらなんとも言えない気持ちになりました。

いてくれてありがとう、産まれてきてくれてありがとう

ただただそんな気持ちになりました。

 

 

あの出来事は絶対に忘れないと思います。

生きたくても生きられなかった方々の為にも1日1日を大切に生きなければいけないと思います。

 

そしてその現地での活動した写真を、当日うちのお客様だった伊東 和希(現スタッフ)が見て、被災地で被災者の方々が笑顔になっている写真を見て、美容師はすごいと思って、自分もそんな、沢山の方を笑顔にできる美容師さんになりたいと思い志したそうです。

 

そして今は共に働いてる。

 

和希は今、志した美容の世界で自分のもてる力で沢山の方を笑顔にしております。

 

そしてもっともっと沢山の方々を笑顔にする為に日々夜な夜な練習をしております。

皆様、応援よろしくお願いします。

img_2560 img_2563 img_2564

 

 

 

 

今日は長文になりましたが、最後までお読み頂きありがとうございます。

 

そしてこの日にブログ当番になれた事に感謝です。

 

 

 

 

 

 

ヘアーコミュニティー ティートゥリースター
電話番号 044-978-4478
住所   〒214-0035 神奈川県川崎市多摩区長沢4-25-5 チェリーパレス101
営業時間 9:30~19:00
定休日  毎週火曜、第3月曜

TOP